公善社のブログ

葬儀依頼をシミュレート

【トピックス】
9月29日、菅義偉氏に代わる新しい自民党総裁が誕生しました。選ばれた岸田文雄氏は、広島1区選出で、お祖父様、お父様ともに衆議院議員を務めた3世議員です。

その他の総裁選立候補者を見ると、河野太郎氏が3世議員、野田聖子氏が隔世の2世議員。そして小泉純一郎氏以降の自民党総裁を見ると、小泉氏(3世)、安倍晋三氏(3世)、福田康夫氏(2世)、麻生太郎氏(4世?)、谷垣禎一氏(2世)となっており、菅氏が唯一の例外です。皆さん能力が高く、人望のある方なので、世襲云々の議論をするつもりはありませんが、自民党のトップに立つ条件として「血筋」が要求されるのなら、部外者ながら違和感を感じてしまいます。

岸田氏は、小泉内閣から連綿と続く新自由主義とは違う価値観=「新しい日本型資本主義」を打ち出しています。中間層が復活するような政策へと舵を切るような雰囲気もありますが、どこまでできるのでしょうか。もっとも、次回の衆議院選挙で自公が勝利してからの話になりますが・・・。ちなみに、公善社の立場は「不偏不党」です。

【葬儀依頼をシミュレート】
ご家族が亡くなり、悲しみと失意の中で葬儀社に葬儀依頼の電話を入れるという役目には、精神的に結構つらいものがあると思います。私たちもご依頼を受ける側として、そうしたご負担に配慮した対応をしているつもりですが、お客様にとっては、平常心ではないところでスムーズに依頼することは簡単なことではないと思います。 そこで、いざという時のご参考にしていただきたく、今回は葬儀依頼の典型的パターンをお示ししてみようと思います。

1 公善社への電話=葬儀依頼
公善社「はい、公善社○○でございます。」
お客様「○○と言います。先ほど父が亡くなりました。」
公善社「御愁傷様でございます。」 *注1
お客様「つきましては、葬儀を公善社でお願いしたいと思います。」
公善社「謹んで承ります。」

 注1 公善社へのお電話は昼夜を問わず、葬儀のご依頼だけではありません。お問い合わせ、ご相談、供花供物の発注等様々なお電話を頂きます。したがって、お亡くなりになったことを確認してからお悔みを申し上げることになりますので、ご了承ください。

2 故人に関する情報
公善社「それでは、幾つかお伺いしますので宜しくお願いします。まず、お亡くなりになった方のお名前とご住所を正確に教えてください。」 *注2
お客様「山田太朗といいます。山田はマウンテンの山と田んぼ田です。太朗は太いに朗らかです。住所は出雲市大社町杵築東○○○番地です。セレモールクラブの会員です。」
公善社「ご丁寧にありがとうございます。次に菩提寺を教えていただけますか?」
お客様「仏式ではなく、出雲大社教です。」 *注3

 注2 故人のお名前を正確に把握しておくことは、初動段階においても重要です。大きな病院では同姓の方の死亡が重なる可能性もあり、複数の葬儀社のお迎えが重なることもあります。また、自宅への搬送の場合、正確なご住所を把握しておく必要がありますし、過去客データにアクセスして前回葬儀のデータを取り出すこともできます。
 注3 枕飾り等の準備させていただくためです。

3 搬送の有無と行先
公善社「いま、どちらでお亡くなりになったのでしょうか?」
お客様「X病院の○○号室です。」 *注4
公善社「承知いたしました。ご遺体搬送のお手伝いは必要ですか?」 *注5
お客様「お願いします。」
公善社「どちらにお帰りになりますか?」
お客様「自宅に帰ります。」 *注6
公善社「おそらく、病院側のご遺体の処置に1時間ほどかかると思いますので、今から1時間後の○時○○分にお迎えにあがります。その旨を看護師さんにお伝えください。もし病院側のご都合がつかないようでしたら、また改めてご希望のお時間をお知らせください。なお、X病院は病室までお迎えに上がることができません。搬送口までご遺体を降ろされますので、看護師さんのご指示に従ってください。それでは○時○○分に搬送口でお待ちしております。」 *注7

 注4 搬送口や霊安室でご遺体をお引き取りする病院、病室までお迎えに上がる病院、この2つのタイプに分かれています。各病院のお引き取りの方法は公善社のほうで承知しております。
 注5 ひと昔前まではご家族の手で搬送されるケースがかなりの割合でありましたが、今ほとんどの方は葬儀社に搬送を依頼されます。ちなみに、ご家族の手で搬送されることについては法律上何の問題もありません。男性がお二方以上いらっしゃれば可能だと思います。なお、公善社では夜間一人で応対しております。ご依頼が同じ時間帯に重なった場合にはお待ちいただくことになります。また、ご自宅への搬送の際にはご家族様のお力が必要となりますので、ご了承ください。
 注6 ご自宅にはお帰りにならずに直接当社の会館はお入りになる場合、ご希望の会館が使用中である可能性もあります。そうした場合には、自宅もしくは他の会館にいったん安置するという選択肢もあります。
 注7 ご遺体の清拭や着せ替えに約1時間かかります。病院や施設の都合でもっとかかる場合もありますし、病理解剖、司法解剖の可能性もありますので一概ではありません。公善社では、夜間、基本的に自宅待機で電話を受け、会社経由で搬送先に向かうことになります。病院や施設への距離によって所用時間は異なりますので、ご了承ください。 

話の流れで順番が前後することもありますし、言葉遣いに違いはあるかもしれませんが、大体このようなやり取りをさせていただいていると思います。改めて書き出してみますと、けっこういろいろなことをお聞きしており、悲しみや失意に暮れるご遺族にとって葬儀のご依頼は煩わしいことなのかもしれません。しかし、適切な初動をとる上で必要な情報となりますので、ご協力をお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP