公善社のブログ

葬儀屋さんが一番忙しい時期は?

3月21日をもって、首都圏の緊急事態宣言が解除されることになりました。現時点で、島根県において新型コロナ感染者の死亡がまったく出ていないことは本当に不幸中の幸いと言う以外ありません。どうか、島根県のみならず全国全世界、これ以上感染が拡大することなく、感染が原因で亡くなられる方が出ないよう心からお祈りします。

ところで、私たちは葬儀に関する様々なデータを収集しています。ひと昔前までは様々な方面から情報を集めることも可能でしたが、個人情報の取り扱いに慎重であらねばならない昨今、情報収集には苦労する時代となりました。というわけで、当社が収集した情報も簡単には開示できないということをお許しいただきながら、よくあるご質問にお答えしたいと思います。

「葬儀屋さんが一番忙しい時期はいつですか? 亡くなる方が多い時期はいつですか?」というご質問をよく頂きます。確かに、特別に忙しい時期というのはあるのです。過去2年の出雲市の月別死亡者数を見てみると、突出して多い月があります。それは1月です。過去2年とも一番死亡者数が少ない月は6月であり、その6月の1.5倍以上の方が1月に亡くなっています。また、冬(12月~2月)、春(3月~5月)、夏(6月~8月)、秋(9月~11月)で区切るなら、死亡者の数は「冬>秋≧春>夏」となります。ただし、1月が含まれる冬以外は極端な差は出ていません。

出雲市以外でこの傾向が当てはまるかどうかは、わかりません。そして、なぜ1月だけ多いのか、その理由もわかりません。御存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

関連記事

  1. 島根県立中央病院でのマスク贈呈式
  2. 公善社(出雲)料金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP